トップページ > みんなの体験記 CMLランナーズ > シシィ さん

シシィ さん

悩みは“食事のタイミング”

クリニックで告知されてから5日後には分子標的治療薬による治療がスタートしました。副作用については、いわゆる「抗がん剤」のイメージを抱いていて、「髪が抜けてしまうのかな」などと心配していました。見た目が変わってしまうことが怖くて、薬を飲み始める前に子供たちと写真を撮りました。
身構えていたものの、実際に服用を開始してみると副作用らしき症状はほとんど起こりませんでした。その後、薬を増量した際には、慣れるまでの半年くらい気だるさのような症状が続きましたが、現在に至るまで同じ薬をずっと飲み続けながら、以前と変わらない毎日を送ることができています。娘の幼稚園の送り迎えもいつもどおり続けていました。片道1時間かけて電車通園していたのですが、骨髄穿刺をした翌日でさえ、傷口に絆創膏ばんそうこうを貼って電車に乗ったものです。
困ったことといえば、食事のタイミングくらいです。私は朝晩6時に薬を飲むのですが、服薬前後は食事ができないことから、家族そろって食事ができません。子供たちの夕食は6時半ごろなので、みんなが食べ終えたころ、食事をスタートしています。

4/9

前のページ
次のページ
インデックスへ戻る