トップページ > みんなの体験記 CMLランナーズ > 河田 純一 さん

河田 純一 さん

情報収集から実践!―― まずはインターネットから

1ヵ月後、退院して実家に帰ったのですが、ずっと流動食の生活だったので、体重は激減。体力もすっかり落ちていました。当然、しばらくは寝ているだけの生活でしたね。
やがて少しずつ食欲も戻り、体も動くようになってきました。しかし、下痢や嘔吐などの副作用で、なかなか外出がままならず、とくに電車での移動は大変でした。全身の筋肉の痛みや痙攣もあり、寝ているときに突然の痛みとこむら返りに見舞われることが数年続きました。
こういった症状に対してはインターネットで対処法を検索して、「こうするといい」と書かれている方法を実践してみることもありました。
薬を飲むようになってから、みるみる肌が白くなり、日焼けで炎症が起きやすくなっていたのですが、日焼け止めクリームを塗って対処しました。こうした対処法もインターネットからの情報です。
こんなふうに、最初は何かとインターネットを頼りにすることが多かったですね。といっても正しい情報かどうか自分には判断できないので、そのうち患者会の発行する冊子や、がん専門病院の情報誌を参考にするようになりました。血液がんに関するフォーラムに自ら出向き、直接、専門家の話を聞いたりもしました。

3/7

前のページ
次のページ
インデックスへ戻る