トップページ > みんなの体験記 CMLランナーズ > Satoko さん

Satoko さん

周りに恵まれた私はラッキー


最初に出したCDジャケットの装丁

闘病中は、家族や周囲の方々に助けられました。病気を知った義母が長崎から飛んできて「代われるものなら代わってあげたい」と言ってくれたときは、思わず涙がでました。
宮古島を一緒に旅した親友の存在も大きかった。つらいとき、不安なとき、電話やメールで幾度、彼女と語り合ったことか。二人で泣いたり笑ったりするうち、いつしか恐怖や不安を忘れることができました。じつはシンガーソングライターとしてライブ活動を始めた背景には、彼女の生き方が大きく影響しています。会社員として働きながら、画家をめざし自分のギャラリーを持とうと頑張っていた彼女。私の音楽の一番のファンでもありました。最初に出したCDジャケットの装丁も、彼女のイラストです。
私のライブに来てくださる大勢の方々にも励まされました。「母親が同じ病気だったから、あなたを見ると涙が出る。絶対、大丈夫だからね。」と励ましてくださる方。演奏が終わった後、泣きながら握手してくださる方。見ず知らずの人びとがこんなに自分を応援してくださるなんて――ライブという出会いの場を持てた私はラッキーだなと、つくづく思います。

6/9

前のページ
次のページ
インデックスへ戻る