トップページ > みんなのQ&A > 医療費・医療制度について

医療費・医療制度について

監修:宮腰 重三郎先生(東京都健康長寿医療センター 血液内科)

Q2
自己負担限度額は、どのように決められているのでしょうか?
A

医療機関へ支払う自己負担額は、年齢や所得によって決められています。
また、高額療養費における自己負担限度額も、年齢と所得によって区分されます(図1、図2)。

(2015年1月現在の制度に基づいて解説しています)

※ 小学校入学前の子供の自己負担割合は2割となります(原則)。

※1 世帯の収入額が520万円(1人世帯では383万円)以上ある場合を対象とする。

※2 平成27年1月以降、新たに70歳となる被保険者がいる世帯において、世帯の被保険者全員の所得合計が210万円以下の場合を除く。

※3 2014年4月1日以降に70歳になる方(1944年4月2日以降に生まれた方)を対象とする。
誕生日が1939年4月2日から1944年4月1日までの方は、1割となる。
なお、75歳以上等の後期高齢者医療制度の対象者で、所得区分が一般、住民税非課税Ⅰ・Ⅱの方の自己負担割合は1割となる。