トップページ > みんなのQ&A > 検査・薬・治療について

検査・薬・治療について

監修:高橋 直人先生(秋田大学大学院医学系研究科 血液・腎臓・膠原病内科学講座)

Q21
目標としてきた分子遺伝学的効果(major molecular response; MMR)を達成しました。主治医から、これからの治療についての話は特にされていませんが、治療をやめてもよいのでしょうか?
A

MMRを達成すると、身体の中の白血病細胞の数がかなり少なくなり、ずっと慢性期でいられる可能性がかなり高いといえます。
ただ、白血病細胞数がゼロになってはいないので、治療をやめることで残っている白血病細胞が再び増えてくる可能性がありますし、MMRを達成しても、ごくまれに急性期や移行期へ進行することが報告されています1)。一方で、MMRより深い寛解状態である分子遺伝学的完全寛解(complete molecular response; CMR)を達成し、CMRを二年以上継続できた患者さんの一部(約40%)で治療を中止できる可能性が報告されています2,3)
しかしながら、まだ日常診療のなかで安全に治療を終了できる基準が確立されていません。
将来、治療中止基準が確立されるまではお薬を続けていく必要があります。

1)Kantarjian HM. et al.: Lancet Oncol. 12:841, 2011
2)Mahon FX. et al.: Lancet Oncol. 11:1029, 2010
3)Ross DM. et al.: Blood 122: 515, 2013