トップページ > みんなのQ&A > 検査・薬・治療について

検査・薬・治療について

監修:目黒 邦昭先生(国立病院機構仙台医療センター 血液内科)

Q14
医師に「分子標的治療薬の服用中は、定期的に体重を測ってください」と言われましたが、なぜですか?
A

分子標的治療薬の副作用として、体液貯留があらわれる方がいらっしゃるためです。
体液が大量に貯留すると、呼吸困難やおなかの張り、疲れやすさなどの症状によって生活に支障をきたすようになりますから、体液貯留の早期発見のために、体重を定期的に測定してください。そして、もし体重が増えた場合は主治医に伝えてください。
体重の記録には、医療機関で配布される服薬手帳をお役立てください。

※ 体液貯留:胸水、腹水(胸、おなかなどに水分が溜まった状態)が出現したり、顔、手足などの、浮腫みが生ずること。