トップページ > みんなのQ&A > 症状について

症状について

監修:中前 博久先生(大阪市立大学医学部大学院医学研究科 血液腫瘍制御学)

Q3
治療を始めてから貧血が続いています。食事や生活の工夫で緩和できますか?
A

疲れやすさや息切れ、めまい、気分が悪いなどの症状は、貧血の可能性があります。このような症状がある場合は、まず主治医へご相談ください。
貧血の程度によっては、治療薬の減量、中止や補助薬による治療が必要な場合もあります。
食事や生活の工夫としては、全身で酸素や二酸化炭素を運ぶはたらきを担う「赤血球」をつくるために必要な栄養を、バランスよく摂ることを心がけましょう。

【鉄・タンパク質:ヘモグロビンの材料】
動物性:牛肉、豚肉、レバー、いわし、かつお、あさり など
植物性:ひじき、とうふ、ソラマメ、小松菜、プルーン など

【ビタミンB6:ヘモグロビンをつくるのに必要】
大豆、アズキ、豚肉、かつお、さんま、いわし など

【ビタミンC:鉄の吸収を促進】
オレンジ、キウイ、小松菜、ブロッコリー、カボチャ など

【銅:鉄の吸収を促進】
牡蠣、レバー、ナッツ、大豆、さくらえび など

【ビタミンB12:赤血球をつくるのに必要】
レバー、さんま、あさり、牡蠣、チーズ など

【葉酸:赤血球をつくるのに必要】
レバー、豚肉、ホウレンソウ、大豆、ブロッコリー など

ヘモグロビン:赤血球に含まれる赤い色素。「ヘム」という鉄を含む物質と「グロビン」というタンパク質から成り、酸素や二酸化炭素の運搬を行う。